お肌の大敵!紫外線は徹底的に避けよう!

そばかすを増やす紫外線

そばかすは年齢とともに増えてきますが、加齢とともに大きな原因となっているのが生活環境です。特に毎日外に出て、日光を浴びる機会が多い人はそばかすができやすい環境に置かれています。それは日光の中に含まれている紫外線が肌にとって悪い影響を与えやすいからで、そばかすの発生にも大きく関係しています。紫外線がそばかすを肌に作りだす原因となるのは、メラニンという色素の存在です。長時間、紫外線を肌に浴びていると、肌の内部に多くのメラニン色素が生成されてしまい、この色素の増大によって肌全体が黒っぽくなります。日焼けをするのはこのメラニン色素の働きによるのですが、あまりに長時間紫外線を浴びていると、肌の特定の部分にだけメラニン色素がたまり、それがそばかすの原因となります。

紫外線をできるだけ避ける生活スタイル

そばかすを肌につくらないためには、日ごろからできるだけ紫外線に浴びないようにすることが必要です。そのために効果的なことは、日光の強い晴れた日などはできるだけ外出を控えることです。特に夏場などは他の季節と比べても日差しが強いので、紫外線をあびやすい環境にあるので注意が必要です。仕事などの関係でどうしても外出しなければいけない場合には、できるだけ肌に紫外線が直接当たらないように工夫して、出かける必要があります。例えば顔に直接、紫外線が当たらないようにするためにはつばの広い帽子をかぶることも有効な方法です。その他に目の周りの皮膚をガードするためにはサングラスの着用も有効です。紫外線対策を徹底するためには、マスクをする方法もあります。