自分の症状がどの程度であるかという事も判断材料にしよう!

悪化を防ぐためにも紫外線対策を行おう

そばかすは幼少期にできるものは遺伝の影響が強いと言われており成長するにつれ薄くなる傾向にあります。大人になってからできるそばかすは紫外線の影響が考えられますので、悪化を防ぐためにも紫外線対策はしっかりと行っておきましょう。強い紫外線を浴びると体内の活性酸素も増えますのでビタミンCなどの抗酸化作用のある成分もしっかり摂り入れたいところです。そして改善のためには肌のターンオーバーの機能を促進させることも大事ですので、睡眠不足も避けたいところです。古い角質が剥がれずに残ってしまう場合はピーリング効果のある石鹸やローションで優しく取り除くという方法もあります。ピーリング後は肌もややデリケートとなっていますので保湿ケアなどのスキンケアは丁寧に行っておきましょう。

改善が難しい場合は美容医療も活用

紫外線対策やスキンケアで対策していても良い効果が感じられない場合は医療機関への相談も考えてみたいところです。医療機関では様々な美肌治療が行われていますが、症状によって治療方法も変わってきます。軽い症状の場合は薬による治療が選ばれることも多く、ハイドロキノンは優れた漂白作用があることで知られています。薬による改善は結果が出るまでに時間が掛かる傾向もありますが、より早く悩みを解消するのであればレーザー治療も有効です。レーザーにも色々な種類がありますが、フォトフェイシャルは遺伝性のそばかすにも効果的と言われています。レーザーは即効性が期待できますが、さらにケミカルピーリングやイオン導入なども併せて行われることもあります。