そばかすにならないよう日頃から予防を心がける

そばかすになる原因には、遺伝による自分ではどうしようもない原因のものもありますが、普段からの予防対策により防げるものも多くあります。日常生活内で出来る対策をして、そばかすにならないように気を付けましょう。

お肌の大敵!紫外線は徹底的に避けよう!

皮膚の健康状態は大丈夫?皮膚のケアもしっかりと!

睡眠・栄養は十分ですか?外出する時以外にも気を付けておきたいこととは!

質の良い睡眠とビタミンCの摂取

そばかすはメラニン色素が過剰に分泌され、色素沈着してしまうことで起こります。色素沈着を改善するには、肌の生まれ変わりを活性化するとともに、メラニンの生成を抑えることが大事です。 質の良い睡眠は、成長ホルモンの分泌を活発にし、肌のターンオーバーを正常化して肌の生まれ変わりをスムーズにします。肌に沈着したメラニンを押し上げ、自然にはがし薄くしてくれるのです。肌のゴールデンタイムと呼ばれる、午後10時から午前2時の間に熟睡しているのが理想です。 ビタミンCは、メラニンの生成を抑制する働きがあり、そばかすが濃くなるのを防いでくれます。また、抗酸化作用があり細胞が傷つけられるのも防げるため、肌のターンオーバーの正常化にも良い影響を及ぼします。

室内でも紫外線対策を行う

そばかすを濃くする一番の原因は紫外線ですが、家の中にいるときは大丈夫だと油断していませんか。外出時はばっちり日焼け止めを塗っても、家の中にいるときは何もしない人が多いようです。しかし、紫外線はガラスを通して室内にも入り込んでくるため、建物の中にいるからといって油断は禁物です。外出する時と同様に、紫外線対策を行うようにしましょう。 室内にいるときは、それほど高いSPFの日焼け止めを使用する必要はなく、SPF15から20でも大丈夫です。また、曇りの日は紫外線がなさそうに感じますが、晴れの日よりも紫外線が強いこともあります。晴れの日はもちろんですが、雨であろうと曇りであろうと常に日焼け止めを塗るように心がけましょう。

そばかすが出来てしまった後の対処法

有効成分の含有量やバランスなどを確認しよう!

シミと違ってそばかすは遺伝的な要素が大きく関係しています。そばかすが出来る原因となるのはシミと同じ紫外線なのですが、現れる時期は幼少期から思春期で年齢を重ねていくと薄れていく傾向にあります。そばか…

自分の症状がどの程度であるかという事も判断材料にしよう!

そばかすは幼少期にできるものは遺伝の影響が強いと言われており成長するにつれ薄くなる傾向にあります。大人になってからできるそばかすは紫外線の影響が考えられますので、悪化を防ぐためにも紫外線対策はしっ…

長期間続けられるかどうかも大事なポイントです!

そばかすが気になっているという方は、対策をすることで、そばかすを出来にくくしたり悪化するのを防ぐことが出来ます。また、そのそばかす対策で重要なことは長期間続けられるかどうかです。そばかす対策は一日…

色白に人に多いそばかす

そばかすとは別名「雀卵斑」とも呼ばれる、頬にできる色素斑のことを言います。日本人では色白の人に多く見られます。